白鳩会のページ

さあ 翔ぼう白鳩天使

山口寛子白鳩会連合会長.jpg

山口寛子白鳩会連合会長

Gals & Pals
出雲.jpg

​秋のクリーンウォーキング

 白鳩会環境対社会対策部
 
 10、11月に白鳩会島根教区連合会主催でクリーンウォーキングを開催しました。
 隠岐は加茂地区道路、安来は慰霊塔敷地内、松江は松江道場周辺(道場草取りも)、出雲は稲佐の浜、平田斐川は斐伊川土手、大田は波根海岸、江津は嘉久志海岸、浜田はマリン大橋たもと、別日に金城ふれあいジムときんたの里周辺、益田地区は三里ケ浜海岸で、それぞれ日時を決めて、計59名の方が参加して下さいました。各地区共に好天に恵まれ、沢山のゴミを拾う事が出来ました。
以下、各地区の感想です。
 ゴミを拾う事で、地域も心も身体もスッキリしますね💕是非普段のお散歩の時にでも、実行してみられてはいかがでしょうか。

 

<金城地区>2022/11/10
ありがとうございます🙏
浜田地区金城支部クリーンウオーキングを午前10時より祈りと共に3人で金城ふれあいジムときんたの里周辺のゴミ拾いをしました
ボランティア袋に3袋となりました
お天気にも恵まれとても爽やかな楽しい時間をすごせました事    神様に感謝いたします
ありがとうございました🙇‍♀✨🙏

 

<浜田地区>2022/10/23
合掌ありがとうございます
本日、好天に恵まれて、浜田地区のクリーンウォーキングを第1班が、午後1時30分より開催させて頂きました。
初めての海岸ですが、4名で取りかかり浜田市のボランティア袋に6個  ありました。
ペットボトル、空き瓶、缶、プラ破片、流木、海草が打ち上げられていました。
皆さん汗をきながら、黙々と集められていました。
そのあとは、驚くほどにとても綺麗になり  、皆で喜び合いました。
ありがとうございました。

 

<安来地区>2022/10/20
合掌ありがとうございます。
本日、安来地区クリーンウォーキングで、秋晴れと共に慰霊塔敷地内の清掃を7名で実施しました。木々に囲まれひんやりと日陰の一面に広がった落ち葉をかき集める作業は春のときとは違い、落ち葉の量も多く感じました。他の地区の遺族会の方々とも一緒になり、作業は早く終えることが出来ました。最後に塔内で戦没者の御霊様に「甘露の法雨」を読誦させていただきました。静寂な中に響く聖経は清々しく、自分自身も浄められたように感じ、とても有りがたい活動となりました🙏😊

 

 <江津地区>2022/10/17
合掌ありがとうございます🙏
10/17午後2時から江津地区クリーンウオーキングを開催させて頂きました❗️
前回と同じ海岸ですが、台風の影響か春よりゴミの量が多く、ペットボトル、プラゴミ、流木が多くありました。
4名で7袋と少しゴミ拾いしました❗️
気持ちの良い汗をかいて、すがすがしい気持ちになりました😊ありがとうございます😊

 

<益田地区>2022/10/17
ありがとうございます。🙏
本日、益田地区のクリーンウオーキングを7名で行いました。🙆
春と同じ海岸をしたのですが、前回にはなかった大物があったり、網やロープが絡まった物が砂浜に埋まっていたりしていてびっくりしました。また、流木が山のようにあり、台風などの影響かなと思いました。😨
大物は無理なので、小さいプラゴミを中心に取りました。流木の間に小さなプラゴミが無限にあると感じました。😓
気候もよく、波の音を聞きながら拾っていると、あっという間に1時間が過ぎました。
小さなプラゴミが大袋に3袋も集まりました。🙌😊

 

<出雲地区>2022/10/16
合掌ありがとうございます🙏
11月3日に稲佐の浜で開催されます神迎え神事に先駆け、本日9時半から1時間、出雲地区のクリーンウォーキングを稲佐の浜で行いました。
教化部で3名集まりお祈りをしてから現地へ向かい、現地集合の方3名の計6名でゴミ拾いを行いました。
秋空の下、弁天島(弁天さん)に見守られながら沢山のプラスチックゴミなどを拾いました。県外からの観光客も朝からひっきりなしに訪れる中、アメリカ🇺🇸からの観光客の方から「ありがとう」とお礼を言われ、写真を撮っていただいたりしました。思ったよりゴミが多く、拾いきれないほどでした。また是非行いたいです♪

 

<平田斐川地区>2022/10/15
平田斐川地区クリーンウォーキングを15日10時から11時まで、西代橋北詰の駐車場に集合して斐伊川土手で行いました。総連6支部で9名、沢山ご参加いただきました。
 土手の上はゴミはほとんどありませんでしたが、一ヶ所土手の下の樋門の近くに流れついた空き缶やペットボトルやプラスチックゴミがありました。
 久しぶりに笑顔で交わす言葉で喜びいっぱいの気持ちになりました。そして、青空の下、土手の上からの眺めは最高です。近くの旅伏(たぶし)山、斐川の仏経山、遠くにそびえる三瓶山、河川敷には沢山の野鳥が飛び交っていました。
 最後に、参加者の中でまだ「しまねPBS交流会」のライングループに入っていない方を招待したり、フェイスブックをされていても、まだPBSに入部されていない方がありましたので、入部の仕方を教えて差し上げました。
 これからも機会があれば、今日のような楽しいクリーンウォーキングをしたいと思いました。

 

<大田地区>2022/10/14
  合掌、ありがとうございます。
大田地区で、本日、10:30(~)11:40波根海岸でクリーンウォーキングを実施しました。
参加者3名。
お一人は自転車で約2キロ、もうお一人は車ですが、約5キロ、私は徒歩で1キロ足らずと近回りのメンバーでした。ほとんどがプラスチックゴミです。
特に、数ミリの発泡スチロールとカラーのプラスチックのかけらはいずれマイクロプラスチックとして、魚類が食べてしまうと報道されています。
もちろんかさばるプラチナ製の物もたくさんありました。
爽やかな秋晴れの短時間ではありましたが、祈りから始めて祈りで終了しました。
嬉しく有難い取り組みでした🙌🙌

 

<松江地区>2022/10/13
ありがとうございます🙇‍♀️🙏
松江地区クリーンウォーキングと道場の草取りを今日13日、9時半から行いました🙇‍♀️
13人も集まっていただきました❣️
クリーンウォーキングは思った以上にゴミが落ちていて驚きました。タバコの吸い殻が多かったです。
道場の草取りも、とても綺麗になりました❣️
そして何よりも、コロナ禍でなかなか会うことができなかった方々と久しぶりにお会いする機会になりました😊皆さんとても喜んでおられました❣️
集まるということは素晴らしいことだと改めて思いました❣️
晴天の秋空に恵まれ、少し暑いくらいでしたが身体を動かす事はとても気持ちがよかったです☆

 

<隠岐地区>2022/10/11
隠岐地区の秋のクリーンウォーキングを10月11日に行いました。
予定では海岸でしたが、網とかの大物が流れ付いていて私たちでは困難との判断で場所変更して加茂地区の道路で行いました。
参加者の一人は集合場所まで1時間クリーンウォーキングしながら、片手にゴミ一杯の袋を持って来られ、私達、同方面は乗り合わせで参加しました。
にわか雨の予報もありましたが、やや肌寒いくらいでちょうど良かったです。
マスクのゴミが結構あったのは今どきだと思いました。
終わってからありがとうございます♪を唱和しながらやったらもっと良かったと反省しました。ありがとうございます。

湖

​☆島根白鳩ご縁メールより №258

(R4/10/22)

隠岐大久支部 小笹仁子

 

 今回隠岐総連長に任命されました。何もわからず引き受けました。何卒宜しくお願いいたします。
 私事ではございますが、膝が痛く9月9日に玉造病院に入院しました。手術は9月14日朝9時30分からでした。手術前には、朝夕時間を決めて、万物調和六章経、大自然讃歌、神想観、観世音菩薩讃歌の読誦をしました。手術後気分が悪く3日間食事もほしくなく、心の中で招神歌、神想観をしました。心が落ち着き、その後は体調も良くなりました。神様のお蔭だとつくづく思いました。リハビリも順調で喜んでいるしだいです。痛みもなくこれもすべて神様先祖様のお蔭と思います。ありがとうございます。

蝶

​☆島根白鳩ご縁メールより №255

(R4/9/30)

万事好都合!  

 緑ケ丘支部 水津英子
 今年2月3日、救急隊員の方から「ご主人を医師会病院へ搬送しました。直ぐ病院へ行って下さい」と電話がありました。近くのスーパーで車から降りようとして転んで起き上がれない主人を見てお店の方が救急車を呼んでくださいました。色々調べて悪いところはなく帰ってよいとのことでしたが、私はその日は丁度勤務の日で主人を一人、家に残すことが心配なため、一日だけ入院をお願い致しました。翌日退院でしたが、先生から胸のレントゲン写真を見てガンの可能性があると告げられ、5月26日カテーテルによる手術をし、神癒祈願などをお願いして、6月4日に無事に退院致しました。
 今は大変元気に過ごしております。万事好都合でした。今は仕事で生長の家の行事に参加することが出来ませんが、今自分が出来ることを真心こめて感謝の気持ちでやっていきたいと思います。ありがとうございます。

​(大和島根R4年11月号)

クローズアップトマト

​☆島根白鳩ご縁メールより №250

(R4/8/12)

 自然の恵みに感謝!
                 西田支部 安食登志子

 昨年の大雨被害から一年余り過ぎ、元気を取り戻して今年はトマトをハウス三棟作付けました。自然の恵みをいただき、立派なトマトが沢山実りまして、お客様から「おいしかったよ」の言葉を沢山いただいて、収穫期の夜なべ仕事も家族全員で頑張る事が出来ました。
 生長の家で勧めておられる地産地消で全量販売することが出来て有難い限りです。又他の野菜を一緒にJAを通じて「子供食堂」に差し上げて喜んでいただきました。農業を通して少しでも社会のお役に立つ事が出来れば幸いに思います。
 自然の恵みに感謝しつつ体の続く限りおいしい野菜や果物を作っていきたいと願っています。

 

フラワーブーケ

​就任のご挨拶

         白鳩会連合会長      山口寛子
 

合掌 ありがとうございます。 
 この度の定期改選により、思いも寄らず白鳩会連合会長の大役を拝命させて頂くこととなりました。決心するまでには時間がかかりましたが、報恩感謝の気持ちで精一杯前向きに努めさせて頂きたいと思っております。皆様のご支援ご協力を賜りますようどうぞよろしくお願い致します。
 昨年三月からPBS活動の推進を行うPBS担当副会長として、コロナ禍ではありましたが一年半の間、ライングループ“しまねPBS交流会”やネットを通じてネットフォーラムを開催させて頂きました。回を重ねる度に沢山の方にご参加頂き、多くの方に信仰に基づく倫理的な生活者としての実践を発表いただきました。神・自然・人間の大調和を共感できた有意義な喜びの時間となりました。P4Uリレーでは皆様と心一つにウクライナ支援と世界平和を祈り、行動して、バトンを繋いでまいりました。真心の支援の輪が拡がり貴重な経験をさせて頂きましたのも皆様のご協力あればこそと心より感謝致します。
 これからも信仰者として三正行を励行し“新しい文明”の基礎づくりのためのPBSのイベント、ミニイベント、誌友会、またインターネットを活用したネットフォーラムの開催を皆様と共に、明るく力強く前進して行きたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願い致します。 再拝
 

          

西村会長.JPG

​退任のご挨拶

 前白鳩会連合会長  西村世紀子


合掌、ありがとうございます。
 この度令和4年8月末日をもって任期満了、定年により、教区白鳩連合会長を退任することになりました。一期目は半年間を黒田教化部長に、続く五年半は山下教化部長に親しくご指導賜り、心より感謝申し上げます。二期六年間、幹部、白鳩会員、信徒、誌友の皆様には、白鳩会運動にご理解ご協力をいただき、本当にありがとうございました。お一人お一人にお会いして御礼を述べたいところですが、とうとうコロナ感染拡大で叶わぬこととなりました。
 振り返って、一番の思い出は、五年前の講習会です。教区幹部の皆様のお宅を、山下教化部長とご一緒に、その当時の高橋静枝白鳩会事務局長と訪ねて歩いたことです。二期目には講習会が開催されませんでしたので、私にとって連合会長としての唯一の講習会となりました。その時の出合いのおかげで、支部長の皆様と、一気に距離が縮まりました。今では、会議がネットフォーラムで開催となっても、ズームはもちろん、ライン音声通話であっても、心が通じ合って、白鳩会運動は途切れること無く進展して参りました。ただ、ネットにつながらない方々への配慮に欠けていたのではないかと反省し、お詫びを申し上げます。
 白鳩会運動には、一信徒として御世話になることから始まり、2004年に故田原シヅノ講師から支部長を引き継ぎ、総連合会長、副会長を経て今に至っています。生長の家信徒としても、一人の女性としても、私は白鳩会運動の中で学ばせていただき、鍛えられ、愛の尊さに目覚めて来たと思っております。昭和52年12月に入信以来数限りないおかげをいただきました。お役はご恩返しの一つと心得、真摯に向き合ってきたつもりです。そして、もう少しご恩返しの足りなさを、原点に戻って、支部長と総連合会長を拝命させていただくことで補ってまいります。これからもどうぞよろしくお願いいたします。新体制の白鳩連合会は更に発展いたします。皆様のご活躍を心よりお祈り申し上げます。
 夫婦揃って元気に今日を迎えることができたのも、守護霊・守護神、ご先祖のおかげと感謝しきりでございます。
                                  再拝

White Structure
大田フードバンク.jpg

フードバンクにご協力に感謝!!

2022/04/11
昨日(4/10)は大田先祖供養祭でした。2月は中止になりましたので、昨年11月以来5ヶ月ぶりです。
開催できることは、本当に有難いです。
今年度の運動方策にあるフードバンクの協力を呼び掛けていましたら、皆様快く協力して下さいました。
午前中、江津先祖供養祭でも持参して下さって、何と❗大田市社会福祉協議会へ一緒に届けてもらって良いとのご愛念で、こんなにたくさんになりました。
大田市の社会福祉協議会広報は、偶数月に市報と共に配布されます。次号に「生長の家 白鳩会 大田地区連」としてフードバンク協力の記事に掲載されることになりました。
大田市社会福祉協議会は先祖供養祭会場と同じ市民会館二階にあります。(大和島根日時計ひろば 西村連合会長投稿より)

パステル鳥

白鳩会員2名入会!!

 ~先祖供養祭に導かれて~

長浜支部 青砥照子
 

 2人の方が白鳩会に入会してくださいました。12月から聖使命会の什一会員に入会されたAさんが、他県の妹さんも1月から什一会員に入会するとのことで、Aさんに聖使命会員に留まらず、白鳩会の入会を勧めました。それで、教化部へ電話をして「白鳩会入会申込書」を地区の先祖供養祭の時に持ってきてもらうことを頼みました。
 また、Bさんには、私が先祖供養祭にバスで出掛けるため、それまでに霊牌を届けるように連絡しました。すると、その日は車で先祖供養祭の会場まで送ってくれて、車中で白鳩会員の話をすることが出来ました。Bさんは別の用事があったので、終わったら途中からでも先祖供養祭に参加することを約束しました。
 会場へ行くと、入会申込書がちょうど2枚届いていました。しかも、Bさんは用事が早く終わって、開会までに来てくれました。印鑑はないよねと尋ねたら、何と持っているとのことでした。先祖供養祭が始まるまでに2人が「白鳩会入会申込書」を書いてくれたのです。先祖供養祭は神様のご加護による重大な式典であると感謝いたしました。

​(大和島根R4年3月号)

ピンクマーブル
フードバンク.jpg

フードドライブ企画へのご協力

ありがとうございました

白鳩会連合会長 西村世紀子
 出雲市社会福祉協議会からのフードドライブ企画へご協力くださいました皆様、ありがとうございました。
 出雲市近隣総連と11月の先祖供養祭開催の安来総連、大田地区連に限定してお願いしましたところ、皆様からたくさんの愛が集まりました❗
 12月8日石橋事務局長と共に社協へお届けに行きました。中には、新米20キロを直接社協に持ち込みされた支部長さんや寄付金のご協力もありました。
 とても喜んでいただき、記念撮影をしていただきました。社協広報誌に掲載されるそうです。普及誌も快く受け取ってくださり、読ませていただきますと言って下さいました。
 今回、申込みされた257世帯589名の方へお渡しすることができたとお礼状もいただきました。フードバンクへ支援については、2022年の運動方策に掲げられています。これからも皆様と愛を現す支援を続けていきましょう✨

※フードドライブとは、家庭で余っている食べ物を持ち寄りそれらをまとめて地域の福祉団体や施設、フードバンクなどに寄付する活動です。 (大和島根R4年2月号)
 

ビタミンカラーの植物

若学ネットフォーラム開催!

10月10日(日)午前10:00~11:10
テーマ「喜びの伝道~今できること~」
参加者13名zoom9名line4名

 

 山下教化部長の講話は、テキスト『“新しい文明”を築こう』中巻を使って、理論は信仰ではなく実践して体験することと、紙を理性によって理解することも大切でこれら両方が大事であることや伝道もいろいろな方法があるということを学びました。遠い家族とネット学習会をしているというお話も聞き、家族への伝道が楽しくできそうだと思いました。
 西村連合会長は、機関誌「生長の家」10月号を使って、QRコードで講話動画を視聴することや動画を身近な方に送り感想のやりとりをする「ネットフォーラム研修版」についてご指導して下さいました。小立副会長は、四無量心を行ずる神想観の実修の先導をして下さいました。あっという間に1時間10分がすぎ、充実した素晴らしい時間となりました。

 

<感想>
今回若学に参加し、伝道は普及誌を差し上げる事以外に家族に伝えていく事や、ネットを繋いで伝道していく方法もあると言う事を学びました。これからはライン友達に本部から提供された動画を送るなど、新しい伝道方法にもチャレンジしていきたいと思いました。
 また四無量心を行ずる神想観の実習は、集中し心地よい充実した時間でした。このようなお時間を提供して頂きありがとうございました。

​(大和島根令和3年12月号)

西村会長フードバンク.jpg

​フードドライブに協力

2021/12/14
  合掌、ありがとうございます。出雲市社会福祉協議会からのフードドライブ企画へご協力くださいました皆様、ありがとうございました。
出雲市近隣総連と11月の先祖供養祭開催の安来総連、大田地区連に限定してお願いしました。
こんなにたくさんの愛が集まりました❗
12/8石橋事務局長とお届けしました。(12/10に新米20キロを直接社協に持ち込みされた支部長さんもありました)
とても喜んでいただき、記念撮影、社協広報誌に掲載されるそうです。
普及誌も快く受け取って、読ませていただきますと言って下さいました。
支給申し込みが500名もあったそうです‼️
これからも皆様と愛を現す支援を続けていきましょう✨2022年の運動方策に掲げられています。
(大和島根日時計ひろば西村世紀子連合会長投稿より)

隠岐佐々木家住宅.jpg

島根白鳩ご縁メール

​ 配信200回を超えました!

週1回の配信の中で、日々の悦びや感謝の気持ちなどを共有しています。登録は114名です。9月15日には209回となりました。ひとえにみなさまのご協力のおかげです。
 最近の配信をひとつ紹介します。

◎☆◎☆◎☆◎☆◎☆ 
  隠岐総連 西郷第三支部 墨川綾子

 私は今、隠岐の島町釜地区にある国の重要文化財「佐々木家住宅」で管理者の仕事をしています。400年の歴史があり、築185年の建物の屋根には杉の皮が1万3千枚敷かれ、その上には630個の石が載っています。30代続く元庄屋さんの家です。
 新型コロナウイルスで随分と観光客が少なくなりましたが、今年の4月位からぼちぼちと来られるようになりました。1人1人のお客さんに喜んでいただけるように、冗談や笑いも入れ、時には汗を拭きながら説明をしています。帰られる時に、「とても分かりやすく、ていねいに説明してもらってありがとう」と感謝の言葉を頂くことがあります。この仕事をして本当に良かったと思います。明るい言葉や笑顔でいれば、喜んでくださいます。『日時計日記』に「今日も一日無事に終わりました。ありがとうございました。」と毎日書いています。

​(大和島根令和3年10月号)

ご縁メール登録者募集中!ご希望の方は教化部へご連絡ください

新鮮な野菜

白鳩会 母親教室の窓 

 

参加者の一人は、子供達に野菜や果物を植えたり、
収穫する体験をさせることによって、子供達が
自分の口に入るものに興味を持ち、
野菜も沢山食べれるようになった、と話されました。
自然体験から、食育に繋げておられ、素晴らしいなと思いました。

​(大和島根R3年10月号)

ミント茶

白鳩会 母親教室の窓 

 

白鳩を輪読し、子供が健やかに成長するために、
夫婦調和がいかに大切であるかということを再認識しました。私は毎朝、主人が出勤する時、握手をして送り出しますが、講師が、我が夫婦は、寝る前にも握手をしています。とお話され、おすすめされたので、早速実行に移しました。これが、習慣になるよう毎日続けたいです。

​(大和島根R3年9月号)

ノート.jpg

白鳩ふれあい回覧ノート

コロナ禍で一年以上、誌友会等、集まる機会がとても少なくなりました。白鳩会では、お互いの繋がりを確かめ、絆を深めるために、支部単位・地区連単位・グループ単位などで、ノートを回して文字で元気であることを伝えあう「白鳩ふれあい回覧ノート」を始めました。自分の近況や楽しかったこと、嬉しいこと、感動したことなど、ノートに書いて順番に回覧をします。このノートの中からご本人の了解を得て紹介します。

5月8日  川跡支部 石橋祥子
 合掌 ありがとうございます。
  緑美しい春の季節を感ずる今日この頃となりました。5月生まれの私は、この時季がとても好きです。
 私は、夫を亡くして早や25年になります。この間毎日朝夕、仏壇の前で手を合わせお祈りさせていただいています。
 朝は神想観と『甘露の法雨』読誦。『光明法語』を読みます。夜は『天使の言葉』の読誦。一日で楽しかったことを思い浮かべてお礼を言い、そして、一人でではありますが、声を出して思いっきり笑い、万歳をして一日を終えています。
 このように、毎日穏やかに過ごしていますが、時には思わぬハプニングも起きます。先日、娘と大型店へ行こうと道路を歩いていましたら、突然、足がもつれて前のめりに転んでしまいました。咄嗟のことで手を出す暇もなく、顔面を地面に強打してしまいました。
 思わず、「ありがとうございます。ありがとうございます。」と言いながら顔を両手でぬぐいますと、多少の傷と出血はあったものの、その日は何とか用事を済ませて帰宅することができました。
 夜になり、歯が痛むので、翌日歯医者に行きレントゲンを撮ってもらったところ、前歯が4本根から折れていて、もう使えないとのこと。抜歯せざるを得ませんでした。
 抜歯の際には、「歯さん、長い間ありがとうございました。」「歯医者の先生、ありがとうございます。ありがとうございます。」と、感謝の思いを何度も心の中で唱えていました。そうすると、不思議と抜歯が怖くも痛くもなく、無事終えることができました。
 今は、前歯が4本なく、かわいらしい顔になっています。多少不便はありますが、きれいな歯ができるのを楽しみにしているところです。
 いつ、どんなことがあっても「実相円満完全。ありがとうございます。」と、全てを良い方に考え、明るく前向きの日々を過ごせるのも、生長の家のみ教えを頂いているからこそと感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございます。

​(大和島根令和3年7月号)

長浜海岸 (2).jpeg

長浜海岸でゴミ拾い

 

          白鳩会環境対社会対策部
 

   プラスチックゴミの海洋汚染が深刻化しています。現状はどうなのか?の思いから、環境対社会対策部の活動の一環として、2名で長浜海岸にゴミ拾いに行ってきました。青い海、打ち寄せる波音、心地よい潮風に癒されます。
 しかし砂浜には、様々なゴミが散乱していて心が痛みます。一時間程のゴミ拾いでゴミ袋2つ分がいっぱいになりました。ゴミの中身は、ペットボトル、レジ袋、ロ一プや化繊の紐、ストロ一、タバコのフィルタ一部分、釣り具、プラスチックの破片、空き瓶、缶などで、中にはハングル語の物もありました。漁具やプラスチック類が多いこともわかりました。
 これらがみな、波にもまれて最後はマイクロプラスチックとなって生態系に影響を与えるのです。あらためて【脱プラスチック】を推し進めて行きたいと思いました。コロナ禍の中、一人でも出来るエコ活動、身近なゴミ拾いを!!

​(大和島根令和3年7月号)

花瓶花

”新しい文明”の基礎を作るための生長の家ネットフォーラム

 

”新しい文明”の基礎を作るための生長の家ネットフォーラム
    視聴ありがとうございました

 全国幹部研鑽会・全国大会の代替として、4月9日(金)~30日(水)の期間に、生長の家公式サイト上で、「“新しい文明”の基礎を作るための生長の家ネットフォーラム」がオンデマンドで配信されました。
 各家庭で視聴出来ない方のために、教化部、松江道場の他に、隠岐、雲南、大田、浜田、益田において、上映会場を設け、新型コロナウイルス感染防止策を講じて、多数の皆様に、ご参加いただきました。
 「地球社会の一員として、信仰と生活の一体化を楽しもう」をテーマに、佐藤香奈美本部講師、大平收一本部講師の講話や組織会員の事例発表や運動についての説明など、視聴しました。以下、参加者の感想の一部を紹介いたします。
○地球社会の一員として、すべき事を考えさせられた。自分で植物を育てる喜びが実感できるようになりたいと思った。“楽しみながら”活動できれば一番いいなあと思った。(40代女性)
○「地球社会の一員」としのて生き方の根本には、神・自然・人間は一体であり、人間は自然の一部であるということがある。だから、人間だけの欲望を満たす人間中心主義ではいけない。人間中心主義の産物として、地球温暖化があげられる。このことをなくしていくために、肉食を減らし、低炭素の食生活をし、これまでの人間の生き方を改める必要がある。それに関連して、物質的豊かさでは得られない心の充足感を得るのに、物を買うのではなく、あえて手作りするということがあげられる。手作りしたものは、愛着がわき、物を大切にする心を引き出してくれる。こうような心の豊かさにつながる創造的な生活を楽しみながらやっていくことが「地球社会の一員」としての生き方の基本になるのではないかなと思った。(50代女性)
○グッドチョイスの話をされた三尾さんの話が心に残った。「買うことは生産者への一票」当たり前に買っていたもの、していたことが、自然環境を壊していることもある。よくよく考えて「何を選んで投票するか」ということをしていきたい。まだまだ身の周りにプラスチック製品をたくさん使っている。少しずつ変えられることをしていきたい。(60代女性)  

​(『大和島根R3年6月号』)