白鳩会のページ

さあ 翔ぼう白鳩天使

西村世紀子会長.jpg

西村世紀子白鳩会連合会長

Gals & Pals
新鮮なモヒート

生長の家白鳩会ネットフォーラム研修版  スマイルカフェ のご案内

 

テーマ『日時計主義の生活ってなに?!』
とき 6月20日(日) 10 00 ~11 00
参加講師 牧田佐恵乃 講師
テキスト 『46億年のいのち』
対象 55 歳までの女性の方
 (60 歳までの方も特例で参加可能)

花瓶花

”新しい文明”の基礎を作るための生長の家ネットフォーラム

 

”新しい文明”の基礎を作るための生長の家ネットフォーラム
    視聴ありがとうございました

 全国幹部研鑽会・全国大会の代替として、4月9日(金)~30日(水)の期間に、生長の家公式サイト上で、「“新しい文明”の基礎を作るための生長の家ネットフォーラム」がオンデマンドで配信されました。
 各家庭で視聴出来ない方のために、教化部、松江道場の他に、隠岐、雲南、大田、浜田、益田において、上映会場を設け、新型コロナウイルス感染防止策を講じて、多数の皆様に、ご参加いただきました。
 「地球社会の一員として、信仰と生活の一体化を楽しもう」をテーマに、佐藤香奈美本部講師、大平收一本部講師の講話や組織会員の事例発表や運動についての説明など、視聴しました。以下、参加者の感想の一部を紹介いたします。
○地球社会の一員として、すべき事を考えさせられた。自分で植物を育てる喜びが実感できるようになりたいと思った。“楽しみながら”活動できれば一番いいなあと思った。(40代女性)
○「地球社会の一員」としのて生き方の根本には、神・自然・人間は一体であり、人間は自然の一部であるということがある。だから、人間だけの欲望を満たす人間中心主義ではいけない。人間中心主義の産物として、地球温暖化があげられる。このことをなくしていくために、肉食を減らし、低炭素の食生活をし、これまでの人間の生き方を改める必要がある。それに関連して、物質的豊かさでは得られない心の充足感を得るのに、物を買うのではなく、あえて手作りするということがあげられる。手作りしたものは、愛着がわき、物を大切にする心を引き出してくれる。こうような心の豊かさにつながる創造的な生活を楽しみながらやっていくことが「地球社会の一員」としての生き方の基本になるのではないかなと思った。(50代女性)
○グッドチョイスの話をされた三尾さんの話が心に残った。「買うことは生産者への一票」当たり前に買っていたもの、していたことが、自然環境を壊していることもある。よくよく考えて「何を選んで投票するか」ということをしていきたい。まだまだ身の周りにプラスチック製品をたくさん使っている。少しずつ変えられることをしていきたい。(60代女性)  

​(『大和島根R3年6月号』)

ピンクのバラ

🌸生長の家スマイルカフェネットフォーラム(研修版)

 

4月10日(土)10時〜スマイルカフェネットフォーラム(壮年誌友会)を開催しました✨壮年8名、オブザーバー3名、その他2名の計13名の方が参加して下さいました❤️
テーマは「心を元気にする方法」で、山岡睦治本部講師の「どんな時も明るく生きよう」の動画を視聴して頂きました(動画は8日に貼り付け)。その後、参加講師の山口秀子講師に動画の内容とテーマを結びつけてお話しをして頂き
ました。そしてこのテーマの通り心が元気になり、常に感謝と喜びを持って生活をしていきたいと思いました❣️又、参加の皆さんの感想もとても素晴らしく、「元気をもらった」「次回が待ち遠しい
」など嬉しい声も聞かれ、益々嬉しい楽しい一日となりました😊

参加者感想
☆ ありがとうございます。
今日のテーマにピッタリのお話しでした🎵
山口講師のお話しも分かりやすく、取り越し苦労や恐怖心を捨て去り、神様を信じ明るく、人様の喜ぶ事をしていけば良いですね😊
山岡本部講師のお話しも分かりやすく、現象的には悪い事の中にも良い事が隠されている、日時計主義の生き方が良く分かりました🎵

☆ スマイルカフェは、毎回楽しみにしています。スマイルカフェの開催、又誘って頂き参加させていただいた事に感謝致します。どんな時も明るく生きるコツを教えていただきました。それは生長の家を信仰している
からこそ体験できる事だと思います。。善一元の神様を信じる事。良いことだけの光明面を見て、ライフスタイルに取り入れ生活していきます。常に私達は神に守られている、大安心の世界で恐怖も不安もありません。与えられた場でこれからは人の為に幸せを
祈り行動して参ります。

​(『大和島根R3年6月号』)

草

普及誌拡大推進の喜び

まず祈りから

高津浜支部 齋藤佳代子


講師になるための勉強会に参加していた時のことです。「講師試験を受けるための資格」に「普及誌拡大1名以上か、聖使命会員拡大1名以上」がありました。
わたしは「絶対無理」と思いました。人に何かを勧めること、ましてやお金に関わることです。そのような経験はなく、今までに、愛行活動はほとんどしていませんでした。どうしようか、あれこれ考えましたが、「神様に全托」そして、山下教化部長よりご指導いただいた「我、神の子、神の知恵、常に我を導き給う」や「すでに普及誌購読者1名拡大」などの祈りを三正行の実践とともにしていこうと決意しました。
毎朝、神想観と聖経読誦、祝福讃嘆などを続けました。ある日、時々普及誌を愛行していたMさんに声をかけてみようと思いました。Mさんは普及誌を熱心に読まれ講習会にも参加して下さった方です。Mさん宅を訪問し、どきどきしながら「お願いがあります。」と言うと、Mさんはまだ何にも言っていないのに「いいですよ。」と言われたので、びっくりしました。普及誌購読を快諾してくださったのです。
それからも、思いつくままに、いろいろな方を訪問し普及誌愛行をさせていただきました。普及誌愛行をしている美容院に行っていた時、Sさんが白鳩誌を読んでおられて「この本はいいね。昔読んでいたのよ。」と言っておられました。Sさんに普及誌愛行をさせていただき、購読者になっていただきました。その他にも、短期間に2名の方に購読者となっていただきました。
祈って行動して、4名の方に購読者となっていただきました。私にとってはとても不思議な体験です。

​(『大和島根R3年4月号』)

私は神の子なるがゆえに.jpg

出雲東第一支部でネットフォーラム開催!!

1/31(日)13時半〜14時半に『生長の家出雲東第一ネットフォーラム』を開催しました❣️
谷口純子先生の「生長の家とわたし2.お釈迦様のさとり」についての動画を視聴し(開催5日前ラインにURLを貼り付け)、参加者から其々感想を話してもらいました。そして最後に山下峰子講師から、動画の解説やご自身の体験談、また毎朝5回言い続けておられる言葉(写真の言葉)を教えて頂きました。不思議に良い事がやってくるとか😊
私もその言葉を毎朝唱えると共に、毎日光明面を見て感謝の思いを積み重ね、それを日時計日記に綴るよう頑張りたいと思いました❗️
 (2月2日永瀬栄子さん投稿より)

霜の降りたクリスマスオーナメント

白鳩会ネットフォーラム 

壮年誌友会スマイルカフェ


初めてネットフォーラム研修版を開催しました!!

12月13日(日曜日)ネットフォーラムによる研修版スマイルカフェを開催させて頂きました❗壮年層4名、オブザーバー6名の参加者があり、今回初めての同時交流をさせて頂きました。
 スタッフの方と事前に打ち合わせや練習をさせて頂いたおかげで何とかスムーズに運び、皆様と交流が出来ました事感謝致します😊
 谷口純子先生の「日々をどう生きるか」の動画視聴をして頂き、後で皆様に感想を話して頂きました。
 また、山口寛子講師に参加して頂き、更に分かりやすく解説して頂きました。参加者の方々に喜んで頂き、明るく、とても有意義な時間を過ごせました事を感謝申し上げます😊
ご参加の皆様ありがとうございます😊
<参加者の感想>
M、Nさん
今年は、コロナ禍であり、仕事上でもプライベートでも、とても変化のある年でした。その中で、スマイルカフェに参加出来た事も大変嬉しく思います。純子先生や山口講師のお話しを聞かせて頂き、今の状況にピッタリのテーマを学ぶ事ができ、そして1年の振り返りができた事を大変嬉しく思います。そして来年に望むにあたり、自分が何をしなければならないのかが分かったように思います。大変ありがとうございました。お世話頂いた皆様、一緒に参加させて頂いた皆様ありがとうございました。今後共、宜しくお願い致します。感謝、合掌

H、Kさん
参加させて頂き、ありがとうございました。年末にかけてなんだか忙しくなってきつつありますが、常に心に明るいことを思い、表現し、神様の御心のままに生活していきます。氏神さんへのお参りも復活しないとと思いました。ありがとうございました。

 

足立講師ペン写経2.jpg

ペン写経やってみませんか?

​ 西村世紀子連合会長

総裁·谷口雅宣先生が最近新たな動画を投稿されました。自宅でできる宗教行の一つとして、「ペン写経の勧め」です。聖経、讃歌、万物調和六章経から短文2~3節を書き写します。
原稿用紙、便箋などにできたら万年筆使用をお勧めです。
指先を使うことで、脳の老化防止になりますというご指導もあります。
書写しながら、意味を深く考えることも必要ですと。
その意味を心で味わい理解を深めるためには、一時に1回で終わらずに、5回ほど連続して書く方法。また一定の時間を定めて1回書写し、毎週あるいは毎月気に入ったものを一つ残しておく方法もよいかもしれません。------と実際の書写の様子を動画で発信して下さいました。
白鳩会総裁·谷口純子先生もすぐに聖経『続々「甘露の法雨」』を毎日2ページづつ続けていらっしゃいます。何と!ガラスペンをお使いです。
私たちも是非ご指導に従って、ペン写経やってみませんか?

(大和島根R3年2月号)

鳩.jpg

白鳩会ご縁メールより

◎私は比田交流センターで1カ月に1回「かえるの会」というミニデイサービスに参加しています。そこで知り合ったお友達に普及誌愛行をさせていただいたところ、快く読んでくださいました。その上、日時計日記を頼みに来られました。注文する前でしたので、一緒に注文させてもらい、「かえるの会」でお渡しをしようと思います。本当に嬉しく有難いことです。
 また、ちょうど同じ日に、宅急便ですという玄関の声に、誰からかなと出てみたら千葉県に居ります長男の末娘からでした。保育所に行く頃に、私が1年間自転車に乗せて送り迎えしたり、支部長会議の時にも連れて行っておりました。31才になりますが、お歳暮を送ってくれました。うれし涙で本当に感謝一杯でした。(安来総連 比田支部 矢渕吉枝)

◎私は毎日、生かされていることに感謝する気持ちいっぱいで過ごしています。日々、祈りを欠かしたことはありません。
 今年9月初めに息子が神奈川県から島根に戻りました。20年余り離れて暮らしていました。いずれは帰ってもらう考えはありましたが、丁度タイミングが良かったのは、私が細菌性腸炎になり入院することになったのです。息子には大変世話をかけてしまいましたが、本当に有難いことでした。これも日々の祈りのおかげです。またご先祖様にも守られているのだと感じています。(松江南総連 忌部支部 和田礼子)

(大和島根R3年2月号)

2145_p.jpg

普及誌愛行の喜び

​実家の母に白鳩誌 新町支部 漆原頼美

合掌 ありがとうございます。
実家の母は九十才と十ヶ月です。田舎で一人暮らしをしています。脊髄には金属が添えてあり、膝と股関節にも金属が入っていますので、杖もついてのヨチヨチ歩きです。耳も不自由ですが、とにかく読み書きは好きです。新聞は一時間くらいかけて読んでいます。「クラスター」等、横文字の言葉が出るとすぐ調べます。わからない事は聞いてくるので私も大変です。
 母は宗教的な事はいやがるので、今まで『白鳩』をすすめていませんでしたが、今回思いきって渡すと、「あだん(アラ)、優しい本だがん、読みやすいわ。」と言ってくれました。母に対して、「宗教は嫌いだから」「年だから」と私が勝手に思い込んでいたのです。
 愛行しても、なかなか一歩が踏み出せない私ですが、これからは、「年令に関係なく思いきって話しかけてみよう」そして、「身近な人から始めてみよう」と思いました。

(大和島根R3年2月号)

光線

新年のご挨拶

​連合会長 西村世紀子

白鳩会連合会長 西村世紀子

新年明けましておめでとうございます。

  昨年を振り返りながら、神想観に明るい未来を描いて、新年をお迎えのことと思います。

昨年は“当たり前”がどんなに有り難いかをしみじみ感じました。行事、対話、会食などなど当たり前に感謝無限でした。予想もしなかった地球全体規模でのコロナウイルス感染拡大で、社会も生活も変わらなくては暮らしが成り立たなくなりました。

生長の家の運動も大きな変化をしながら新しい分野へと展開しています。“ピンチはチャンス”と捉えての総裁先生、白鳩会総裁先生のご愛念あふれるご指導のおかげです。実際に会うこと、集まることができない中、インターネット活用が重要な手段になりました。島根教区の皆様も、普通の携帯電話をスマホに替え、ライン通話での会議や行事に参加される方々が増えました。続いてズーム利用者も増えてきています。フェイスブックを登録すれば、まず、総裁先生ご夫妻の動画ご指導やご投稿視聴が身近になります。そうしてPBS活動もこれからますます活発になってくることでしょう。白鳩会の皆様、信徒のすべての皆様が、インターネットにつながれるわけではありません。つながる方々もつながれない方々も生長の家のみ教え大好きな信徒として、いつも心一つです。電話や手紙も心通わせる素敵な手段です。

白鳩会運動へのご協力には心より感謝申し上げます。そのことをしっかり受け止めさせていただいたのが、昨年の熊本教区への災害支援のご協力でした。皆様のご愛念に感動し、熊本教区の皆様にとても喜んでいただきました。講習会中止の昨年でしたが白鳩会員の皆様の底力を実感させていただきました。

谷口純子先生は『46億年のいのち』の21ページに「朝起きたらまず、今日も良い一日が始まることに感謝する。(中略)まずは良い日と自分で決めてしまうのだ」とご指導くださっています。私たちも新年をまず“良い一年だ!”と決めましょう。毎日日時計日記に良いことばかりを記して、明るく楽しく過ごし、皆様と心通わせながら実相世界実現に向けて、前進して参りましょう!

(大和島根R3年1月号)

2145_p.jpg

喜びの普及誌拡大

    ”大々”キャンペーン

500円玉貯金で普及誌拡大
            揖屋支部 濱田嘉子

 「お金を簡単に貯めるには、500円玉貯金が一番だよ」と、実家の兄に勧めていたところ、3週間後に9枚も貯まったと喜んで報告してくれました。この時こそと、思い切って『いのちの環』の年間購読のお願いをしてみました。兄夫婦が顔を見合わせてニッコリと笑いOKしてくれました。
 今まで、兄夫婦に『白鳩』『いのちの環』『日時計24』3冊をずっと愛行し続けていたので、ようやく願いが叶いうれしかったです。コツコツ地道な愛行の積み重ねが大切だと思い知らされました。
 思い返せば、2年前、兄が3つのガンの手術をする時、長崎の姉と私が交代で一年間本山に神癒祈願を続けました。その結果、全て順調に回復し普通の生活が送れるようになりました。奇跡的な回復でした。
 この事も兄の感謝の気持ちの現れかと思い、ご先祖様の導きを感じました。いろいろの事を通じて神様の愛を感じ感謝です。

(大和島根R2年12月号)

sirohato2011.jpg

喜びの普及誌拡大

    ”大々”キャンペーン

一人がひとりを❗

広げよう普及誌の輪❗

「一冊の白鳩誌に救われて」
 出雲市 Aさんの体験談です

 

 看護師をしていた22年前第3子出産を期に退職し家庭に入りました。しかし、間もなく義理祖父の足腰が弱り発熱をきっかけに介護生活が始まりました。抱きかかえてポータブルトイレへの移動。夜中は15分〜30分毎にトイレを希望されたり、時に医療的処置をしたりの毎日で寝不足状態でした。さらに子ども達をちゃんと見れないことや家族の協力が少ないことへの不満、私自身の持病悪化への恐れなど感じても、誰かに話す時間も無く夫とも話さなくなりました。
 そんな時ポスト内の「白鳩」に気づきました。なんとなく夜中に読んで内容にビックリしました。私にはとても耐えられないような境遇にありながら生長の家の教えに導かれ立派に乗り越えられた体験談に泣きました。自分の悩みがとてもちっぽけで介護されている義理祖父の方が辛いんだとやっと気づき申し訳ないと思いました。介護させてもらってる、子どもを通して私が育ててもらってる、感謝すべきことにすでに囲まれているのに気づかなかったと感じることができました。
 その日から不思議なことに辛さや不満は消えて体が楽になりました。その約半年後、義理祖父は希望通り自宅で最期を迎えることができました。義理祖父の介護とそのタイミングで「白鳩」が届き生長の家の教えに触れることが出来たこと、大きな財産となって今の私の支えになっています。感謝!

​(大和島根R2年11月号)

熊本お礼状.JPG

白鳩会熊本教区

連合会長さまより御礼状

 白鳩連合会長  西村世紀子

今年7月初めの球磨川決壊など、甚大な被害を受けられた熊本教区に送らせていただいた救援物資の御礼のお手紙が届きました。
島根のすばやい対応、その時必要な物ばかりだったこと、まだ復興途中でも、日時計主義の信仰を支えに、前向きに生きていらっしゃる信徒さまの様子など、詳しく、感謝に満ちた直筆の御礼状です。
島根白鳩会の皆様にくれぐれもよろしくお伝え下さいとのことです。本当にご協力ありがとうございました。まだまだ復興には月日がかかることでしょう。四無量心の神想観を続けながら、被災地に心を寄せる祈りを深めてまいりましょう。

熟年の方より.jpg

敬老の寄せて


合掌、ありがとうございます。いつも白鳩連合会運動にご協力いただき、心より感謝申し上げます。
 白鳩正副会長のライングループで、短時間相談して意見がまとまり、「9月21日、敬老の日、代表で連合会長が絵手紙を出そう❗」ということになりました。90代、100代の白鳩会員さまに限定して、31名の方々宛に当日投函しました。
 皆様とてもお喜び下さいました。電話での御礼の言葉、お手紙お葉書のご返事は、有り難くて胸が一杯になります。
 また、熟年の皆様には別に「れんげ便り」も発送させていただきました。皆様のご存在が、いつも私たちの力です。白鳩会は一体です。
 コロナ問題終息を祈り続け、一日も早く、当たり前にお会いできますこと、心より願っています。

ベリー

白鳩会熟年者会員様から

お便りいただきました!Part3

    石見支部 H様

 私は週二日パートに出ております。それ以外の日は、主人と輪読をしたり、野菜を作ってます。今夏、野菜が取れはじめ食卓に並びます。新鮮で美味しく頂いています。

先日TVでコロナ終息には五年~十年位はかかるだろうと言ってました。コロナと上手につきあって行く事が必要になってくるように思います。今スマホの扱いに悪戦苦闘してます。皆さんにおいていかれないように日々頑張ってます。

 

松江市 M.Y.様

いつも良くして戴き、感謝の気持でいっぱいです。生長の家のみ教えが有りますので、毎日明るく生き、生かされている事に感謝の気持がこみあげてきます。ありがたい気持で日々暮らしております。ありがとうございます。

 

    匿名

全都道府県をまたぐ移動が解禁されました。誌友さんと電話をし元気に暮らしています。家庭菜園で少しずつ大きくなるミニトマト、キュウリ、レタス、朝顔など楽しみです。うれしいなー、楽しいなー、健康だなー、豊かだなー、良いことばかりやってくる、感謝、感謝、感謝の毎日です。

 

    松江市 匿名

先日はおはがき頂き有難うございました。おかげさまで元気で過ごさせていただいております。いつもの生活ができることとてもありがたい事と感謝しております。暑い毎日でマスクをつける毎日ですが、畑に出て自然の中で過ごす時は、主人と2人マスクをはずして働いています。皆さまにお会い出来る日を楽しみにしております。

​(大和島根R2年10月号)

クローバーの葉
インターネット利用に関するアンケートの御礼

 


 白鳩会IT対策部


合掌ありがとうごさいます。


 去る6月に実施しましたアンケート"インターネット利用に関する聞き取り調査"につきましては、白鳩会支部長・会員の皆様の多大なるご協力を頂きましたこと、心より感謝申し上げます。


 お陰さまで、沢山の方からご回答や貴重なご意見等頂き情報収集することが出来ました。また、今回のアンケートをきっかけに"島根白鳩ご縁メール"には10名の方が、"白鳩会ジョイメール"には11名の方が、新たに登録下さいました。細やかに行き届いて、お世話下さいました支部長はじめ会員の皆様に重ねてお礼申し上


げます。


 さて、新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、さまざまな行事の中止が余儀なくされるなか生長の家では新たに「生長の家ネットフォーラム」が始まりました。インターネットを活用し、フェイスブックやライン、ズーム等を用いて活発に行事を進めています。ネットでの交流を工夫することにより会員同士が生長の家の教えを共に学び、喜びを共有する輪が広がりつつあります。


 インターネットやスマホは、苦手という方も、前向きにチャレンジしてフェイスブックに登録してみませんか?きっと今まで以上につながる喜び、「ムスビの働き」を体感されることと思います。

 スマホや通信機器の操作等について解らない点は、どうぞ遠慮なく教化部までお問い合わせください。職員や白鳩会が丁寧に解かりやすくサポートさせて頂きます。(大和島根R2年9月号)

ジンジャー、レモン&ハニーティー
スマイルカフェ( ネットフォーラム)
​開催しました

~生長の家白鳩会壮年誌友会~

 

7月26日(日)14時〜15時まで、豊内由美講師に御講話頂きました。参加者は、壮年5名(オブザーバー7名)でした。参加された皆さんはとても喜ばれていました。感想の一部を紹介させていただきます。

<スマイルカフェの感想>


今日は参加させて頂き良かったです。


豊内講師の体験談を交えた講話懐かしく、分かりやすくてとても良かったです。


今日のお話しを生かせる様にこれからも顔(がん)晴(ば)って行こうと思います。

ありがとうございます。


本日はありがとうございました。真の愛とは常に相手の実相を見ること。悪現象と見える事もその奥にある実相を見る努力をしていく事が大事であり、今後も実践していこうと思います。


今までは、自分の事を拝む事はなかったけど、今後は家族だけでなく、自分も愛し実相円満完全と唱えようと思います。

ひたすら、日常生活の中で日時計主義の生き方を実践して参ります。素晴らしいお話、改めてありがとうございました。(大和島根R2年9月号)

トマト

白鳩会熟年者会員様から

お便りいただきました!Part2

  古志原支部 S様 (92歳)    

 先日は素晴らしい”れんげ便り”をありがとうございました。毎日、御神仏様に祈りの中、今を生きる生かされている喜びを感謝して、朝起きてみればうれしや今日も又この世の人でありけりと繰り返し唱え、今日一日が始まります。谷口先生の教えを第一に、感謝、言葉の力、笑顔等まだまだ勉強せねばなりません。お互い助け合って、拝みあって過ごしたいと思います。

 

  匿名

 合掌ありがとうございます。元気で毎日を送って居ります。孫も四月より社会人に成り、我が家から浜田の職場へ通っています。弁当を作り、朝、肩をたたいて頑張ってネ、と送り出し、夕方の帰りを心待ちにしている毎日です。家族元気で日々を送らせてもらっている事、神様に感謝です。聖経をあげ教区の皆様、会員の皆様に幸あれと祈って日々を過ごして居ります。

 

  M様

 合掌ありがとうございます。梅雨のうっとうしい頃となりましたが、この度はお便りありがとうございました。お陰様で元気で日々暮らして居ります。世間ではコロナで外出しにくい暮らしですが、畑に出て野菜を見、太陽をいっぱい受けていると、頑張りたい気持ちになります。これからは暑さに向かいます折、健康に留意されましてお過ごし下さいます様お祈り致します。連合会の皆様の心遣いありがとうございました。

​(大和島根R2年9月号)

鮮やかな花束
スマイルカフェ( ネットフォーラム)
​開催しました

~生長の家白鳩会壮年誌友会~

 

7月26日(日)14時〜15時まで、豊内由美講師に御講話頂きました。参加者は、壮年5名(オブザーバー7名)でした。参加された皆さんはとても喜ばれていました。感想の一部を紹介させていただきます。

<スマイルカフェの感想>


今日は参加させて頂き良かったです。


豊内講師の体験談を交えた講話懐かしく、分かりやすくてとても良かったです。


今日のお話しを生かせる様にこれからも顔(がん)晴(ば)って行こうと思います。

ありがとうございます。


本日はありがとうございました。真の愛とは常に相手の実相を見ること。悪現象と見える事もその奥にある実相を見る努力をしていく事が大事であり、今後も実践していこうと思います。


今までは、自分の事を拝む事はなかったけど、今後は家族だけでなく、自分も愛し実相円満完全と唱えようと思います。

ひたすら、日常生活の中で日時計主義の生き方を実践して参ります。素晴らしいお話、改めてありがとうございました。(大和島根R2年9月号)