生教会のページ

鎌田真理子さん.JPG
163746718_993731547822685_725574826409879444_n
DSCF6496
松江生命学園11月 (2)
74235460_2481327142150342_1004340967882358784_n

鎌田真理子教区教職員会会長

青空
子どもネットフォーラム1.jpg
23名の神の子さんが参加
第3回「島根子どもネットフォーラム」 

合掌ありがとうございます。4月3日日曜日、3才から小学校6年生まで23名の神の子さんが参加し、第3回しまね子どもネットフォーラムを開催しました。進級の喜びを感じ、世界平和を祈りながら活動することができた素晴らしい時間となりました。
🌠開会の祈り
益田生命学園豊内園長の祈りには、全てのウクライナの人々、全てのロシアの人々、世界の全ての人々、全ての動物、植物、菌類への愛が満ち溢れていました。
🌠山下教化部長の講話
神の子さんには、無限の力が備わっている。そして神様に護られ導かれた道を歩くことができるというお話を聞いて、新年度様々のことにチャレンジしていこうという
気持ちが深まりました。
🌠お友達紹介
各生命学園の園長さんやスタッフさんによる友達紹介感激しました。神の子さんの返事が生き生きとしていました。
🌠神様と自然とともにある祈り
隠岐生命学園の野津講師さんによる祈りは、毎回心が穏やかになります。
🌠楽しいゲーム
春の生き物の⭕❌クイズと新聞島をしました。5問全問正解の神の子さんおめでとうございます。じゃんけんに勝ち続けた人すごいです。そうでなかった人も楽しんでくれました。
🌠読み語り
松江生命学園山本さんが、絵本「999ひきのきょうだいのはるですよ」を読んでくださいました。春が待ち遠しくて冬眠から急いで目覚める生き物がいたり、お寝坊さんの生き物がいたり、ワクワクドキドキしながら聞きました。
🌠春の恵みでフラワーアレンジメント
五感を研ぎ澄ませていると、色とりどりのたくさんの草花が見つかりましたね。黄色の花ミツマタ、ブロッコリーの花など山や畑で見つかりましたね。生命学園スタッフの皆さん、誌友さんにも材料準備では大変お世話になりました。ウクライナの平和を願いながら黄色や青の花や折り紙、メッセージカードも添えてくれた神の子さんもいました。シアトルでも一生懸命にフラワーアレンジメントに挑戦してくれました。
🌠終わりの会
あっという間の90分でした。終わるのがとても名残惜しく感じました。この会のためにご支援ご協力ご参加をいただきました全ての皆様がたに心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。生教会会長・鎌田真理子 再拝

リース作り.jpg
お話もリース作りも楽しかったよ!
第2回「島根子どもネットフォーラム」 

 1月 8日(土)、4つの生命学園から21名の神の子さんが参加し、第2回「島根子どもネットフォーラム」を開催しました。遠く、シアトルから2名の神の子さん(県内在住の白鳩会員のお孫さん)も参加してくださいました。
 開会行事の後、みんなで活動を楽しみ、大いにもり上がりました。
🌺 読み語り
 安来生命学園長の畑山さんが絵本「きこえてくるよ」を登場人物になりきり、情感豊かに読み語ってくださいました。神の子さん、微動もせず耳を傾けていました。
🌺 楽しいお話
 山下教化部長がパキスタンのノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんのお話をしてくださいました。分かりやすく絵本を通して語ってくださり、神の子さん達に「日本に住み、たくさんの事に恵まれていることに感謝しよう」と、優しく諭してくださいました。
🌺 リース作り
 事前にスタッフが芋や葡萄のつるで枠を作り各家庭に届け、当日はその枠に自然の恵み(杉の葉、落ち葉、木の実)を飾り付けました。神の子さん達は、とても喜んで取り組み個性豊かな作品が出来ました。それぞれの良さを讃嘆しあい、神の子さん達の満足そうな笑顔がたくさん見られました。
 早速、LINEグループには、参加してくださったお母さん方より「とても楽しい時間を過ごす事ができ、皆さんの労苦に感謝します。次回も今から楽しみです。」などの嬉しいメッセージを寄せてくださいました。
 スタッフ一同、互いに成功を喜び、感謝しあい、次回開催に向けての活力を頂く事が出来ました。
ありがとうございます。
(2022/01/11大和島根日時計ひろば 月坂元子さん投稿より)

赤いバラ
​新年のご挨拶

教区生教会会長 鎌田真理子
 

 明けましておめでとうございます。令和4年の新年を神様に祝福され心穏やかにお迎えのことと思います。
昨年も、対面での行事や集会は、ほとんどできませんでしたが、たくさんの方々のお陰で、ネットフォーラムを開催し、歩みを止めることなく生教会運動をすることができました。皆様方の、多大なるご協力に、心より感謝し、お礼申しあげます。ありがとうございました。
さて、県内には、出雲・隠岐・益田・松江・安来の五つの生命学園があります。休会中ですが、各生命学園園長さん、スタッフの方々は、園児の皆さんの神の子の「神性・仏性」が顕現するよう日々祈り続け、電話・ライン・手紙などの方法を活用して、園児さんとの繋がりを大事にしてきました。
8月には、念願であった第1回「島根子どもネットフォーラム」を開催し、県内の生命学園がネットで集い、楽しい時間を過ごすことができました。新年1月8日には、第2回目の開催予定です。生命学園園児さんもそうでない方も、たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。健やかに成長されました皆さんが、春には進級や卒業の喜びの花を大きく咲かせられますことを心から祈ります。
学校現場におきましても、新型コロナウイルス感染症の終息を願いながら、活動制限による閉塞感に負けないで、自然界すべての生命を大切にできるように、生長の家の御教えの普及に努め、多くの方に生教会へとお導きができるよう力を尽くしたいと思います。
今年も、真心を込めて生教会活動に取り組んでいきたいと思います。どうか変わりませずご協力をよろしくお願いいたします。

(大和島根R4年1月号)

月坂様.jpg
​松江生命学園 ジャガイモ植え

2021/10/21
松江生命学園、秋ジャガイモキット(種いも、プランター、土)配布し、各家庭で育てています。
 順調に成長しているとの便りが届きました。
(月坂元子さん大和島根日時計ひろば投稿より)

子どもネットフォーラム (1).JPG
大盛会!!!
島根子どもネットフォーラム

アメリカのシアトルからもご参加で国際的に♪

 

 8月7日に、小学生向けのネットフォーラムとしては初めての行事が開催されました。参加者は、22名で、県内は、もとより、遠くは、かつて小学生練成会(見真会)に参加したことのある小学生がアメリカのシアトルからご参加下さいました。ネットの力は偉大です。
   コロナ禍、島根教区の生命学園は1年以上休園をしていました。こんな状況下、未来を担う子ども達に何もしないという事はいけない、何か出来るはず、出来ることをやろうと、今年6月に「島根子どもネットフォーラム」を企画。
 夏休みに、神の子さんに楽しみながら真理を学んでもらいたいとプログラムを検討しました。その内容は、クイズや谷口純子先生ご監修『しぜんとあそぼう なかよしかるた』、絵本の読み聞かせ、手作りちょうちん(クラフト)など内容盛りだくさんです。
  県下5つの各生命学園の真心あふれる運営のおかげで、本当に素晴らしいネットフォーラムとなりました。ご参加の皆様、そのご家族の皆様、推進者の皆さまに心より感謝申し上げます。

​(大和島根R3年10月号)

ひまわり.jpg
島根子どもネットフォーラム 
みんなで集い楽しく学ぼう!

 


(生命学園に入っておられない方、入学前の方も参加できます)
ZOOMで開催
日時 令和3年8月7日(土)10時~11時30分
 
<プログラム>
☆なかよしカルタ・生き物クイズ
☆読み語り
☆楽しいお話
☆クラフト活動
 

163746718_993731547822685_72557482640987
松江生命学園卒園式
​ 卒園おめでとうございます!

 

松江生命学園の2人の卒園式を22日(火)松江道場で行われました。

 
⭐️長野園長、副園長より餞の言葉❣️
 長野園長は、生長の家創刊号を手にして「全てのものと大調和し、夢を持ってその実現に向かって歩んでほしい」と力強く語りかけてくださいました。また、長野充子副園長は「感謝の気持ちをもってくらすことが生長の家の教えで一番大切にしていること」とやさしく語りかけてくださいました。
⭐️スッタフからの祝福の言葉💖
 スタッフのみなさんは、思い出を話し、その中できらりと光る2人の良さを讃嘆する言葉が贈られました。山本美和子講師が『たくさんのドア』という本を読み語り、「みんなは素晴らしい力をもっている、何があっても大丈夫!」と力強いエールを送ってくださいました。
⭐️生命学園楽しかった また来るよ💖
 二人の卒園生は「みんなと、色々なものを作ったりタケノコを掘ったり楽しかった」と心に残った事を語ってくれました。最後に玄関で送る時「道場にまた来るよ」と感極まる言葉を言ってくれました。
⭐️華やかに咲き誇った花に包まれて💖
 卒園式をする事を聞き、星野佳子講師が、寂しい卒園式になってはいけないと、前日に道場に赴いて色鮮やかなお花を生けてくださいました。お陰で2人の卒園生は、終始、春を謳歌し美しく咲き誇ったお花達に見守られていました。ありがとうございます。
Facebook大和島根日時計ひろば 月坂元子さん投稿より抜粋

安来生命学園2.jpg
​安来生命学園 マイかるた作り

 

安来生命学園です。🎶今年度はコロナウィルスのため、生命学園を開催することが出来ませんでした。何か少しでも児童と交流を持ちたいと思い、スタッフで考えたのが、マイかるた作りでした。以前、谷口純子先生監修の🎵なかよしかるた🎵を使って、楽しく遊んだことを思い出しました。材料を送って、かるたを作ってもらいました。そして出来上がってきたかるたは、素晴らしく❗️元気いっぱいの神の子さんの絵が書いてありました。💞本当にうれしく思いました。😊また何時か、生命学園が再開されますように、祈っております。(^-^)
Facebook大和島根日時計ひろば 越野幸子さん投稿より

初日の出.png
​新年のご挨拶

教区生教会会長 鎌田真理子
 明けましておめでとうございます。令和3年の新年を神様に祝福され心穏やかにお迎えのことと思います。
昨年は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大により、対面での行事や集会は、ほとんどできなくなりましたが、インターネット等を活用して、生命学園研修会や集会を開催することができました。生教会運動に、皆様方の多大なご協力がありましたことに、お礼申しあげます。ありがとうございました。
また、春から休会中の生命学園ですが、ネットフォーラム生命学園が開催されたり、電話・ライン・手紙などでの方法を活用して繋がりを大事にし、園児の皆さんの神の子の「神性・仏性」が顕現するように日々祈り続けたり、生命学園のスタッフの皆様方や保護者や信徒の方々の熱い想いがありましたことに、心より感謝いたします。子ども達の成長には休みがありませんから、このような状況の中にあっても、ピンチをチャンスに変えながら、新しいアイディアで、神の子さんの教育が実践されつつあることに、私自身が勇気づけられています。
学校現場におきましても、コロナ禍により、様々な制限がある中、子ども達が明るい心で学習したり、友だちとの関わりを大切にしたりできるように、生長の家の御教えの普及に努め、多くの方に生教会へとお導きができるようご協力を賜りたく思います。
今後、自然界すべての生命を大切にし、「神・自然・人間は本来一体である」という真理の理解を深めるため、三正行(神想観、聖経讃歌の読経・聖典拝読、愛行)と日時計主義を実践しながら、真心を込めて生教会活動に取り組んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

​『大和島根令和3年1月』

松江生命学園11月 (2).jpg

楽しいね!生命学園!

みんな神の子うれしいね!

こどもには、素晴らしい個性・天分、そして無限の可能性がやどっています。
それを、教育者や親自身が認め、信じたとき、子供は素晴らしい本来の姿をあらわします。
これが“生長の家の教育法”です。

生命学園は、これを実践している教育実践機関です。
生命学園では、幼児と小学生を対象に、一年間を単位としてカリキュラムを組んで、人と自然を愛し、日本と世界に貢献できる子供たちを育成しております。

松江生命学園園児作品 (3).jpg
家にあるいろいろな材料で楽しい作品ができました!

松江生命学園の子どもたちが自宅で作った作品です。スタッフの月坂さん松本さん山本さんが材料を準備してくださいました。ありがとうございました!

(Facebook大和島根日時計ひろばより 長野充子さん投稿)