​生長の家島根県教化部

9:00 - 17:00 【木・祝日除く】

島根県出雲市渡橋町542-12

​    TEL   0853-22-5331

Fax   0853-23-3107

Copyright © 2017 生長の家島根県教化部 All Right Reserved.

2020/3/13

私も作って見ました ~手作りのマスク~
男子用、女子用と年齢にあわせて、色々なパターンで作って見ました
  (Facebook『大和島根日時計ひろば』山口寛子さんより)
 

2019/12/16

​ エコストーブ作り
   
 「自然の恵みフェスタ」で展示されていた「エコストーブ」を作成するミニイベントが、12月16日に教化部において開催されました。持田正悦講師の指導で、2台のエコストーブの作りに挑戦しました。戸外での温かい焼き芋や寄せ鍋は絶品。エコストーブの魅力とパワーに感動のミニイベントでした。
 

2019/11/20

ミニイベントのご案内

エコストーブを作りましょう!!
 自然の恵みフェスタで製作の展示をしました。
 一緒にエコストーブを作って、楽しく芋煮会をしましょう!

開催日 12月16日(月)午後1時~
場 所 生長の家島根県教化部
内 容 エコストーブ製作と芋煮会を予定
参加費 300円以上随意
指 導 平田東相愛会長 持田正悦
参加ご希望の方は、教化部事務局へお申込み下さい。

2019/07/06

ミニイベント (紙袋づくり)

蓮のはな咲く今日この頃、ミニイベントを開催しました。
海洋プラスチック汚染が深刻化しているプラゴミの46%(日本)はレジ袋やペットボトルなどの容器包装だそうです。そこで7月6日蓮のはな咲く今日この頃、ミニイベントを開催しました。
海洋プラスチック汚染が深刻化しているプラゴミの46%(日本)はレジ袋やペットボトルなどの容器包装だそうです。そこで
レジ袋に代わる新聞エコバック👜✨を皆さんと一緒に(5人)作ってみました。
たかが新聞紙📰されど新聞紙📰
おしゃべりしながら楽しいひととき、それぞれ愛着あるバックが出来上がりました😃✌ 
これなら、近所の人にも教えられると、喜んでいただきました。
良かった❣

2019/07/04

ラベンダースティックをつくりました

 若槻立津子さんfacebookより

2019/06/08

牛乳パックと和布を使って“眼鏡ケース”👓を作り

合掌ありがとうございます。5月30日、安田支部・中吉田支部合同誌友会を開催しました。安田支部長さんにFacebook登録をお勧めしましたが、今日は代わりに投稿させて頂きます。小川博子講師よりBタイプ誌友会について詳しく素晴らしいご指導を頂きました。ありがとうございました。
その後クラフトは牛乳パックと和布を使って“眼鏡ケース”👓を作りました。製作中は、皆さん虚心になって、、アッという間に時間が過ぎ最後の仕上げは、それぞれ宿題となりましたが、今日の奉納祭には完成品を持ち寄りました。
家族からも賛嘆されてリクエストがあったと言うことです。。
小川講師からは、クラフトのお土産をおもちくださいました。さて、何でしょう?!!( ; ロ)゚ ゚楽しい時間を過ごせましたことを心より感謝申し上げます。(6月1日
Facebook大和島根日時計ひろば 山口寛子さんの投稿より)

2019/06/08

バラの花作り

 

ありがとうございます。今日温泉津支部に出講させて頂きました❗
皆さんでバラの花作りしました✨つまようじを使っての細かい作業でした。
皆様それぞれに素敵です😊
支部長様お手製のおやつを頂き、楽しい時間を過ごせました❗ありがとうございます🎵(5月21日Facebook大和島根日時計ひろば 中村文子さんの投稿より)

2019/03/05

麻紐タワシ作り

    ご協力お願いします!

ミニイベントの様子です。6人で楽しくおしゃべりしながら編みました。ティータイムでは環境汚染についての話しもでました。白鳩会は5月26日の女性のための講演会で麻紐たわしを参加者に配布します。500個用意する予定です。エイエイオウ❗みなさまご協力宜しくお願い致します。編み針と麻紐は白鳩事務局にありますのでお問い合わせくださいませ。(柳光貴代美さん)

2018/12/23

クリスマス・リース

天神畑の木と浜山公園で昔拾った松ぼっくりと地元産の鷹の爪と自分で育てた棉も使って、クリスマスリースを作りました (柳光貴代美さん)

2018/12/23

手作り貯金箱

11月のB型誌友会で、空き箱を利用して貯金箱と小物入れを作りました。皆様の個性が光った素晴らしい作品ができました。(水津英子さん)

2018/2/3

ススキの穂でほうき

Tさんの昨日の投稿に触発されて、夫と二人でミニイベント(??)しいて言えば、プラス参加犬、一匹(!笑) 剪定ばさみとリード片手に散歩に出かけ、ススキの穂を集めました。 私は茎の掃除したくらいです。きっちり仕上げたのは夫。とても楽しそうでした。
いつものぞき込んでるこの床の、砂ぼこりを掃くのに便利そうです。
Tさん、ありがとうございます.

*上記はクラフト倶楽部に投稿した記事です。
 Tさんという方が前日にススキのほうきの作り方を投稿しておられました。

(2/3 西村世紀子白鳩会連合会長 facebookより)

Please reload