top of page

教区機関紙 

大和島根より 

2.jpg

布教功労賞を拝受して

神門相愛会 岩﨑芳久


合掌ありがとうございます。
 この度は布教功労賞を拝受し誠に有り難うございました。
 山口哲弘教化部長を始め五者の皆様、相愛会同志の皆様のご推薦を頂き、又、ご指導を頂きました沢山の皆様のお陰と深く感謝しております。
 私と生長の家との縁は、生まれた時からです(昭和二六年生)。既に父時久は、地方講師を致しておりました。二二歳の時(昭和一〇年)、自信喪失自殺寸前の時に、仕事場の机の上に置かれてあった「生長の家」誌に導かれ、「人間は神の子である。無限の可能性を内に包有している。これを開発するのが人生だ」の言葉に触れ、以来六一年の間、光明化運動一筋に、沢山の皆様を導いて来た人生でした。小さい頃から父の後姿を見て育った私は、生長の家の素晴らしさを感じていたと思います。私の胸には“甘露の法雨”お守りがありました。中学生練成会、生高連活動、堺市に就職し、大阪教化部での講演会等への参加等々、何時も生長の家がありました。縁あって昭和四七年、山梨県富士河口湖練成道場奉職四年数ヶ月、その間に私の伴侶にめぐり会う事ができ、当時の練成部長の楠本加美野先生夫妻のご媒酌で結婚ができました。今年は金婚式です。今日の私があるのも妻の支えがあったればこそと感謝しています。その後、昭和五二年出雲へ帰り、三木龍蔵先生にご指導を仰ぎ、神門相愛会の会長、教区連合会副会長、地方講師拝命、平成一九年から島根県教化部奉職、現在に至ります。子供四人、孫八人幸せな生活を送っております。父から受継いだこの御教えがあったからこそ幾多の困難をも乗り越えることができたと思います。今後は、一層の精進をし、更なる島根教区の発展に微力ながら尽くしてまいります。再拝

2.jpg

布教功労賞を拝受して

新町支部 畑山千代枝

合掌 ありがとうございます。
 この度は思いもよらぬ布教功労賞を拝受し、誠にありがとうございました。これも歴代の教化部長はじめ皆々様のお陰でございます。心より感謝申し上げます。
 振り返ってみますと、姉より勧められて大山で開催された鳥取島根の高校生練成会に初めて参加した時のことです。食前の祈り「生長の家の食事」に魅せられました。何十年後の今でもこの時の感動は決して忘れることは出来ません。
 また、安来生高連、安来青年会では、休日に近くの神社での神想観、廃品回収など楽しく参加した記憶があります。40年弱の会社勤務時には、花嫁練成会、講習会、白鳩会各行事に参加させて頂きました。花嫁練成会では、職場の人をお誘いし一緒に参加しました。現在も同じ支部で人類光明化の同志として親交を深めております。出雲練成会には、過去何回か参加させて頂きました。独身時代乗物にも弱く生長の家の行事に参加したことがなく、聖経読誦が日課となっていた母と二人で参加出来たことは、母、私ともに大きな喜びでありました。定年退職後は、支部長、総連長、安来生命学園の当初からスタッフ一員として、微力ながら活動させて頂きましたこと感謝申し上げます。
 この素晴らしい御教えに触れられて一人でも多くの皆様が一層お幸せになられますよう、世界平和実現の為に使命ある限り精進して参ります。
 毎朝五時より山口哲弘教化部長による「サンサン山陰」の早朝行事が行われております。喜びいっぱい元気いっぱい明るさいっぱいで毎日参加させて頂き、より充実した感謝の毎日となっております。ありがとうございます。再拝

 

葉

聖使命研修会に参加して

​ 最高の菩薩行

出雲東第一支部 柳樂真理子
 
10月8日に開催された聖使命研修会に初めて参加させていただきましたことに深く感謝致します。
私は1歳の頃から母に聖使命会員として入れてもらっておりましたが、23才で嫁いで自分で納めるまで、あまり深くは考えておりませんでした。私の中では、「神様とのパイプをしっかり繋ぐためのものであり、会員の種類は神様とのパイプの太さ」、だという認識のみでした。幸せになりたい、救われたい、子どもの為に徳を積んでおきたいという思いだけの入会であり、会費を納める際も自分のお給料の収入と支出のバランスを考えて決めておりました。
 今回、山口哲弘教化部長による分かりやすく丁寧なご説明や豊嶋君子講師や中村文子講師の験談を聞き、聖使命会に入会していることはそれだけですごいことなんだと分かりました。
 その背景には、「人類光明化のパテントを、我々聖使命会員は、神が始められた人類光明化運動を遂行するためにゆだねられたものであり、神に護られたこの運動を聖使命会費により有難く遂行させていただいている」ということを改めて自覚させていただきました。結果論として病気が治ったり、財産を得たりすることもありますが、それは「人間は神の子である」という自覚を心から理解し、行動した時の表れでもあります。最高の教えに出会い、最高の菩薩行を行っている事に対して、とても嬉しくなりました。
また、今回の研修会に深く感動し、長男を什一会員から特志会員に昇格させていただきました。単にお金を納めるとしか考えていなかった私ですが、献資は最高の菩薩行であり、この喜びを自分の中だけに留めず、新しい方にお勧めさせていただきたいと思います。

ブルームで果物

心は通じる ~二つの体験~

大田支部 堀邦江
ある日友達と話をしている時、実家の先祖供養を大事にしていることを聞きました。私は、実家は家の人がやればいいと思って、自分の嫁ぎ先の先祖供養だけをやっていました。そう言えば、両親に何ひとつしてあげた事も無いと気付き、今出来る事は両親の供養をさせてもらおうと思い、両親の永代供養の申込みをさせて頂きました。そして、宇治から永代供養の手続きが終わりハガキが届いたその夜、私の枕元に両親がにっこりと笑って、私を見つめている姿を見ました。「あ!喜んでくれているんだなあ!」今でもその姿が浮かんできます。命の繋がりを感じさせて頂く不思議な体験でした。
もう一つは、出雲練成を受けている時、浄心行の懺悔文を書く際に何を書こうかと思った時、子供(3人)が学生の頃に小言ばかり言って怒っていたことを思い出しました。ある時、長男が「お母さんその言葉は、僕は一生忘れないし、恨むからね。」と言った事を思い出し、長男に悪い事をいつまでも思わせてはいけないと思い、長男に懺悔をしました。息子に何を言ったか忘れたけれど、言った事を許してくださいと書きました。明くる日、練成が終わり携帯電話を見ると、岡山にいる長男から朝8時、10時、12時に電話が入っていて、これは何か変わった事かと思いすぐに電話をかけて尋ねると、何も変わった事は無い。母さんがどうしているのか気になったから…。
私が昨日長男に懺悔した事が通じたのでしょう。それと言うのも息子から普通、電話が来るのは、私が送り物をした時だけの電話のみで、電話を受けた事がありませんでしたので…。
心を込めて書けば遠く離れていても通じる事を、身を持って体験させて頂きました。有難うございます。

​(大和島根R5年11月号)

Aubergines

幸せを招く聖使命会

​ 日々感謝

神西支部 森定野

 私は毎日、早朝に起きると「神様お早うございます。御先祖様、お早うございます。」と神棚と仏壇に向かって朝のご挨拶をした後、私の家は曹洞宗ですのでお経をあげてから、生長の家の神想観をして、『甘露の法雨』と他の聖典を日々変えながら、毎朝読誦しています。終わると、「今日も一日、元気で暮らさせていただきます事を感謝致します。ありがとうございます。」と唱えます。今思うには、こうして元気でいられるのも三正行のお陰かなと思います。
 今は亡き主人の母がとても熱心な信徒で、私を生長の家に導いて下さいました。現在、孫が五人おりますが、お陰様でみんな結婚をして、ひ孫も二人出来ました。全員聖使命会に入れておりますので、それぞれ幸せな家庭を築いています。
また、最近は誌友会に参加してくださる方のご主人が復活してくださいました。一にも、二にも感謝だと思います。毎月、取扱者として教化部に会費を納めに行っております。誌友会もわが家で開催しておりますので、支部の皆様と楽しく交流が出来て、お世話をさせて頂ける事が私の喜びです。いつまでも元気で皆様のお役に立てるよう、日々感謝の生活を続けていきたいと思います。

 

​(大和島根R5年10月号)​
 

花火

幸せを招く聖使命会

​~聖使命会拡大の喜び~

伊波野支部 松本由子

 私が勤めていた時の友達は、みんな若い子で親子ほど年令が離れています。私が高齢になりましたので、心配して月に1度、時には週に1度位訪ねてくれます。若いパワーを頂きながら賑やかに明るく楽しくお茶会が始まります。ほとんどが聖使命会員になってくれました。私の家のテーブルには、常に本が用意してあり、ミニ誌友会のようです。
 「今を生き抜こう、明るい心をもつことが大切である。いかに努力している時でも、眉間に八の皺をよせて、歯ぎしりして頑張っていたのでは、本当の力が出ない。常に明るい希望を持って力一杯全力投球をするのだ。…」と谷口清超先生の『輝く日々のために』のご著書を延々と読んだり、真理の話をします。部屋中に日訓や絵手紙を飾っています。また、私の『日時計日記』も見せています。
 そんな中、友達の一人が「話を聞いていると凄く心が和む」と言って、聖使命会員になってくれました。うれしい限りです。
 また、コロナ禍で入院していた友達から退院の連絡があり、盂蘭盆の霊牌を持って、お見舞に行きました。玄関で顔を見るなり、「膝が痛くて眠れない。退院が早すぎたのでは…」と言いたい放題です。「大丈夫、大丈夫、家に帰っただけでも感謝だよ。留守番をしてくださったご主人に感謝しなさい。全て神様に全托。膝に感謝。完治しましたと祈りなさい……」と助言です。
 話を聞いた後、先祖供養の大切さを話して、霊牌をその場で書いてくれました。そして、聖使命のことでよくよく調べて見たら、娘さんの旦那さんがまだ入会されていないことに気づかれました。その場ですぐに新規入会してくださいました。
 聖使命会員は神様との太いパイプで結ばれています。神の愛に護られています。聖使命会費取扱者として、毎朝、『光明島根』の祝福讃嘆名簿でお一人お一人を声を出して祝福讃嘆させていただいております。ありがとうございます。

​(大和島根R5年9月号)

カモミール

幸せを招く聖使命会

​~聖使命会拡大の喜び~

高津浜支部 安野恵美子

 この度、子供が小学校の頃からのママ友のOさんが、聖使命会員になって下さいました。以前に、講習会や誌友会にお誘いし、参加された事もあります。ご主人の仕事の関係で、益田を離れておられましたが、定年になり帰って来られました。
 近年は、押し花教室でご一緒するようになり、楽しい仲間と共に作品を作ったりお茶を頂いたりしています。クリーン活動にも参加して下さいます。
 5月に乳ガンが見つかり手術をすることになったと話して下さいました。ビックリしましたが、思い切って聖使命会への入会をお勧めしましたら、快く手続きをして下さいました。すぐに神癒祈願を出して祈りました。その後手術も無事に終わり、元気に快復しておられます。
 4月から山口哲弘教化部長が、早朝行事の配信をして下さるようになり感謝しています。毎朝の神想観で、家族や友達、職場の方々を祝福させて頂いています。
 喜び一杯、元気一杯、明るさ一杯!のパワーを頂き、幸せ一杯の毎日です。これからも明るく楽しく前向きに、喜んで感謝して光明化運動をさせて頂きます

​(大和島根R5年8月号)

生長の家『甘露の法雨』お守り.jpg

『甘露の法雨』をハウスの四隅へ ~ネズミの食害がなくなりました~

  平田東相愛会 持田正悦
 5月15日隣のハウスのOさんがデラウエアの初収穫で「おめでとうございます」と挨拶したところ、「それがネズミに食害されておめでたいことないがね!」とのこと。100㎏位被害に合い、大損害だと嘆いておられました。
 『甘露の法雨』のお守りをつけると効果があったという体験がありますとお話したら、それをお世話して下さいということだったので、4つ購入してあげました。ハウスの四隅へつけられたところ、以後、ネズミの食害がなくなったとお礼を言われました。
(5月地方講師教化活動報告書より)

bottom of page