top of page

講師会のページ

豊内講師会長.jpg

地方講師会長

​  豊内 由美

桃のバラ

2024年6月度

地方講師研修会ネットフォーラム

日 時  6月29日(土)13時30分~15時30分

ご指導  山口哲弘教化部長

<テキスト>

『白鳩』『いのちの環』№172(6月号)

赤椿.jpg

地方講師教化活動報告書

~R5年12月分~

 

◎一汁一飯をしました。カブの葉と豆腐でおいしく頂きました。貧しい国の子供達が一日一食もできるかどうか、戦争で食べられない人々の事を思い、早く幸せが訪れますよう祈りながら募金箱を用意し入れていきます。

◎今秋、家を新築された方(まだ入会されていない)に昨年暮れ、日めくりと「日時計日記」を差し上げました。「日時計日記」を書きながら家を建てると、良い具合に、万事好都合に建ちますよ、と言って渡しました。御祝に行った時「日時計日記」は自分にとってなくてはならなに物になった。今度は自分で買いますから頼んで下さいと言われ、教化部へすぐに申込みました。

◎段ボールコンポスト3回目挑戦。野菜くずをなるべくゴミに出さず、きれいに洗って野菜スープをとるようにする。狭い畑を計画的に循環して使うようにしているので、いつも何か野菜が採れ、自然に感謝して頂いている。

※段ボールコンポストの作り方は、『白鳩』誌2023年12月号(№165)17頁をご覧下さい。

宝船2.jpg

新年のご挨拶

地方講師会長 豊内 由美

 

 明けましておめでとうございます。今年も神様に護られ導かれ、喜びと感謝いっぱいの年でありますことを嬉しく思います。

 昨年も講師会活動にご協力いただき、特に毎朝の六章経一斉読誦には沢山の皆様がご参加下さり、世界平和を祈らせていただいておりますこと、感謝申し上げます。

 私事ですが、昨年は大変多用な年でした。今年三月に書の個展を計画し、昨年は準備期間でした。仕事の合間に頑張れば出来ると思っていました。ところが益田市は昨年、柿本人麿没後一三〇〇年祭の行事が色々計画され、その関係仕事がわんさかとやってきました。正直断りたかったのですが、私の所属している支部名は「人麿支部」です。どこからか、〝断るな!〟と声がきこえ、感謝して全て受けました。そうなると個展準備の作品制作が梅雨明けの猛暑中となりました。昨夏は暑かったですね。師匠に「猛暑で…」と愚痴ると「では猛書が書けますね」と返ってきました。コトバの力、「そうだ猛書だ!」、私の書作に火がつき、頑張れました。十一月には舞台上で三味線に合わせて和歌を三首書くというイベントに参加し大成功、感動を味わいました。多用だからこそ、全て全て神様にお任せ出来た日々でした。

 こんな日々が送れたのも神想観のおかげです。皆様ご存知の山口教化部長のフェイスブックでの早朝行事、私も四月二日から毎朝参加しています。やはり、五時十分からの早朝神想観の極意を実感する今日この頃です。

 現象世界は各地で戦禍、異常気象と予測不能な時代ですが、今年も有難く、総裁谷口雅宣先生の時代に応じた素晴らしいご指導をいただき、山口教化部長の熱意に力をいただき、世界平和を祈り、三正行、日時計主義、倫理的な生活を実践していきましょう。今年もよろしくお願いいたします。 

bottom of page